生活習慣と汚部屋

昨日の夜、風呂から出てきた旦那。機嫌が悪い。


旦那「ねぇ、今後一生、夜風呂入らないといけないの?」


私、、、

うわ。また始まったよ。


旦那「俺は今まで35年間夜風呂には入らなくて、朝シャワーでずっときてて、でもそれって間違ってたの?」


私「何回もこのことについては話してきたけど、普通は夜お風呂に入るんだよ。一日外に出て汚れが付いてきて、それを落とさないと汚いんだよ。」


旦那「でも今まで朝の風呂だけで、病気になったことないよ。朝の風呂がいいって言ってもそれは認められないの?俺は今も風呂に入りたくなかったよ。でも入んないとまた○○が出て行くとか言いだしかねないから入ったんだけど。褒めてくれない?」


私「これから子どもが生まれるでしょ。子ども夜お風呂入って寝るのが普通なんだよ。朝お風呂に入る人は夜もお風呂に入っているんだよ。じゃないと布団も汚れてきたないよ。」


旦那「へぇ、じゃぁ俺は今後一生○○の生活習慣に合わせないといけないんだ。俺が朝の風呂だけ入ってたのは普通の人じゃなかったってことなんだ。夜風呂に入ると髪が抜けてる気がするから嫌なんだけど。」


私、、、

もう議論したくなくて黙秘しました。疲れた。


普通の人は、帰ってきて飲むにしても夜お風呂に入って一杯ってなると思うけど、旦那は夜風呂に入らない。帰ってきて夏でも冬でも汚い身体で寝間着に着替えて(神経質だからその寝間着も、もう20年近く着てるボロボロのティシャツと、ジャージです。それ以外着れない。)ご飯食べてそのまま布団へ。

くちもお茶とかジュースでグジュグジュだけ。

もうだらしないし、汚い。


付き合ってから、初めて旦那の家に行った時驚いたのはその汚さだった。部屋は2LDKで広さはあるから外見は大きなアパートだなと思った。入ってみたらビックリ。外で寝たほうがいいねって汚さで、その時思った。あ、この人病気なんだって。部屋の汚さ見て病気ってそうそう思わないと思うけど本当にそうだった。

でも、当時はそれでも好きだったから、こんなの私が片付ければすぐに綺麗になると思ってた。でもそれも大変なことだった。


旦那は、当時は彼氏だったけど、神経質で新しい物に慣れられないから、まずその汚さを綺麗にできなかった。綺麗にすることが怖かったみたい。物も捨てられない。

いくら掃除が得意な私でもこれはやっぱり無理かもって思って、結局業者を入れた。

業者を入れるのも旦那がゴネてゴネて半年くらいかかったかな。

一日がかりで10万くらいかけて、10年分?くらいの汚れを綺麗にした。

ゴミも沢山出た。綺麗にしないと一緒に住めないからって言って、軽トラ5台分くらいかな。ゴミが出て、元カノと取ったっぽいUFOキャッチャーのぬいぐるみが壁一面に並べられてたんだけど、それもほこりまみれで、全部捨てた。ゴネてたけど。

業者が入る前は、布団も大変だった、10年干してない布団で、干しても埃しか出なくて、しかも煎餅布団になってるから4枚くらいしかないと厚みも出なくて、掛け布団も薄くなってるから7枚くらいかけてて、、

当時土日だけ泊まりに行ってたけど、半年間その布団で一緒に寝てたのが1番苦痛だった。多分昔の女とかも寝てたんだろうなぁって。

お風呂も汚くて、湯船は使われてないんだけど、湯船の中に使い古された髭剃りが20ほんくらいあって湯船が大きなゴミ箱になってた。


旦那の実家は洗濯物は外に干しちゃいけないって言われたらしく、旦那もそれを守って室内で干してた。乾かないから扇風機を当ててた。

だから部屋の中もすごい埃っぽかった。

私が、洗濯物は外で干すものなんだよ。って教えるとそれも驚いてて、でも中で干して欲しいって言われた。


室内で干すためになぜか、部屋の真ん中にぶら下がり棒があって、そのぶら下がり棒に洗濯ハンガーをかけて干してた。


私が、もうこれからは洗濯は私がするから、外で干すね。その方が菌も死ぬし、カラッと乾くし、部屋も埃っぽくならないよ。と言って、その用途だけだったぶら下がり棒を旦那同意のもと粗大ゴミで持って行ってもらった。


翌週、また部屋に行くと、、、

捨てたはずのぶら下がり棒がある。

驚いた。

え?一緒にぶら下がり棒捨てたよね?、、、

旦那「同じもの買っちゃった。不安になっちゃった。」

それを聞いた時、あ、やっぱり病気なんだと思った。

それもぶら下がり棒も安くない。

粗大ゴミも全部で10万くらいかけて業者に持って行ってもらっていて、ぶら下がり棒もそうだった。もう必要ないよね。って。

でも全く同じ新品の物を頼んで、ただ置いてた。洗濯物はもう外で干してるのに。ぶら下がり棒だけぽつんと。


旦那の実家に初めて行った時も驚いた。

旦那の両親は教師で、すごく頭がいい。

でも、家に行って驚いた。

本っっっ当に汚い。

家が汚い。

旦那の兄も理由は一つだけではないものの、実家の汚さもあって戸籍を抜いている。

とにかく、壁一面にメモ。

学才の家だから仕方ないのかもしれないけれど。‥

多分もう何十年も電気の傘は掃除してなくて、ダイニングテーブルの真上に付いている電気に埃が雪みたいに積もってて、床も埃だらけ。

そもそも掃除機がないから、いつも行くとハンディモップみたいのでシャーって義理の母は拭いてる。座る場所もダイニングテーブルの椅子しかなくて床に歩けるスペースがない。

洗濯物も外に干してはいけないという謎のルールがあるからか、部屋の中に干してて、もちろん布団も万年床。キッチンもまじでやばい。

それを見て、あぁ、旦那はここに生まれたからこうなったんだなと思った。





一年前はよく、うちの実家の犬を連れて義理実家へ遊びに行っていた。

でもその子が義理実家の床にある埃を食べちゃって、体調が悪くなってから連れて行ってない。これから子どもが、生まれても多分連れていけない。

私自身もハウスダストを持っているから、義理実家に行ってもクシャミばっかり出てしまって拒否反応が起きるからあまりいけない。


そして、義理両親も夜風呂に入らない。

生活環境って大事だなって思う。


うちの母や祖母も「教師って聞いてたからすごい人たちって思ってたけど、変わってるよね。あの家族は」って言ってる。


うん、おかしいと思う。