子宮頸管

そういえば先日赤ちゃんの検診に行ったところ

通常5センチある子宮頸管が私の場合3センチしかなく、結構やばい状態らしい。

入院とまでは言われなかったものの、無理せず安静にしてください。と。

張りが出たら即病院に来てください。と。

本当は重い物とか持ったらいけないんだろうけど、誰も手伝ってくれる人もいないし

布団を毎日干したり、自転車に乗って買い物に行ったり、まぁ通常に生活してしまう。

子宮頸管短いとか、お腹の張りとかやっぱりストレスもあるのだろうか。

いや、この生活でストレス無い方がおかしいけど。


旦那も検診にいて、先生からのその説明を聞いていたにもかかわらず、全く緊張感もなく、何か手伝ってくれるわけでもなく、晩御飯の後の「ねぇ、お茶」や、私が立ち上がる時体が重くてつらいときも「ぶっちゃけそんなお腹重くないっしょ笑」や、「○○買っといて」など特に労わりもない上に、暴言も止まらないし。転職のことでストレスもかけてくる。

私は一人で赤ちゃんに話かけてるわけだけど。


昨日くらいから張りも酷くて、病院行かないとなぁと思っているけれど、明日は休診日だし、行って万が一これから3ヶ月絶対安静の入院になっても怖いし、何より内診のグリグリが前回の検査でめちゃクチャ痛くて、今回もそれをやられたら逆に悪くなくてももっと悪くなりそうだから行きたくないなというのもあって。


旦那に内診で、死ぬほど痛かったと話しても全く興味ないし、そもそも「出産とか俺なら余裕で耐えられるから。背中の骨抜くときの手術の方が痛かった(旦那は腰を悪くしてて、腰の骨を抜いてボルトを入れてて、生死を彷徨った経験がある為)」とか平気で言う奴なので。


立ち上いとか余裕だから笑


とか言ってる。


そもそも女尊男卑がすごい。


またこれを言うと愚痴にしかならないし、お腹余計張ってきちゃうので、この辺で。